LOAD CARRIAGE: ARCHITECTURE OF A
MYSTERY RANCH PACK

40年以上に渡る設計と製造の経験から――同時に行ってきたフィールドテストと実地での使用と相まって――私たちは荷重伝達、アクティブフレーミング、そして最高品質のを使用することの重要性について学んできました。ここではミステリーランチの特許技術であるLoad Carriage™の設計思想、また実績あるデザインと技術を見ていくことで、長距離でも快適に担いで移動できるバックパックの秘密を解き明かしていきます。 + もっと読む

私たちの住む世界は、あまりにも多くの選択肢に満ちあふれています(バックパック選びも例外ではありません)。重い荷物を運ぶ人――状況は様々で、マウンテニアリングからバックカントリーハンティング、あるいは山火事に出動する森林消防隊から危険な場所のパトロールなど――に私たちができることは、バックパック選びを簡単にすることです。つまり、基本的な設計の工夫や耐荷重ソリューションをここで説明し、私たちの製品が市場にある他の製品とは一線を画すということを理解していただくことです。

「必要は発明の母である」という格言があります。私たちの場合、元々の必要とはフィールドで不通に使っていて壊れてしまった顧客の装備(主にバックパック)を修理することでした。創業当初の1975年には、従業員はミシンで壊れた装備を直していたのです。そうした慎ましい成り立ちから始まって、私たちはバックパックのデザイン、そして製造工程の「アキレス腱」について多くを学んでいきました。それを下地として、今度は自分達のために、そして知人のためにバックパックを作り始めたのです。バックパックを専門とする私たちの会社は、こうした実用的な要求とちょっとした好意から生まれたのです。

最低限、ここでは私たちのバックパックについてよりよく理解してもらいたいのです。大きく、重く、収まりの悪い荷物を詰めても快適に歩けるのはなぜか。簡単にカスタマイズできて体にぴったりとフィットするようになっているのは、どんなデザインのおかげなのか。そして大きく丈夫なバックパックを作るべく、どんな部材が選ばれているのか。とりわけ、何を選んでよいかわからない市場の中で、なぜ私たちの商品がベストチョイスなのか――そこを明確にしていきましょう。

THE BIG CHEESE SPEAKSLOAD-BEARING SOLUTIONS BORN OF FASCINATING PROBLEMS.

他とは異なる出発点――ほとんどのバックパックメーカーでは、まずバックパックの本体(袋部分)から取りかかります。大抵の場合、顧客がまず目にする部分だからです。それからショルダーハーネスを付け、ウエストベルトを付ける「デザイン」の段階。そこではバックパックの形状とシルエット、色、キラキラしたトリムやそれっぽいディティールなどが優先事項となります。フレームやハーネス、また関連するサスペンションなどは、多くのバックパックメーカーでは二番目に考えるべきこととされています。バックパックにどう荷物が収まるかということについては、さらに優先度は下がります。ミステリーランチでは、いかに荷物を収め、長い距離を運ぶのかを第一に考えます。「考えずにはいられない問題こそ、素晴らしいアイデアの源だった」とはDana Gleason(マッドサイエンティスト的ながらカリスマ溢れる創業者)の口癖です。

LOAD CARRIAGE™の重要性

Load Carriage™は私たちのデザイン哲学の礎であり、ミステリーランチのバックパックが他と一線を画すゆえんです。私たちは、変わった形で収まりが悪い荷物に対応したバックパックも専門としています。Load Carriage™を組み込み長距離移動に耐える特性を持ったバックパックを設計した際、空の状態でのパックの自重は二の次に考えました。なぜなら率直に言って、空の状態でバックパックを運ぶ必要はないのですから。その代わり、荷物が満載の状態での運び心地に重きを置いて考えました。+ もっと読む

荷物を一杯に詰めこむと、大抵のバックパックは丸みを帯びます。そうなると肩にフィットしたり腰を包んで支えになる元々の曲線が台無しになってしまいます。そうならないためには丈夫なフレームを内蔵して体に合ったバックパックを使うか、細心の注意を払って荷物を詰め、バックパックの形を体に合うように整えるしかありません。ただし後者はまずうまくいかないものです。ミステリーランチのバックパックは、荷物が一杯に詰め込んでも形が変わらないように、より機能的で現実的なソリューションを組み込んでいます。

「構造上の」ソリューション

他のバックパックメーカーとは異なり、私たちはバックパック本体と荷重伝達システム(メインフレームと呼ばれています)をそれぞれ別々に構築します。これら2つの重要な要素には、個別の設計・エンジニアリングソリューションが用いられます。バックパック本体(袋部分)のデザインと縫製は、荷物が理想的な形で収まるように考えられています。そこからバックパック本体(袋部分)とは独立して、それぞれ異なる顧客の体型にカスタマイズ可能なLoad Carriage™メインフレームを構築します。個々人の体型に合わせた成形は、バックパック本体(袋部分)の制作とは別に行われます。メインフレームのほとんどは複数のマテリアルが複雑に組み合わされて構成されています。荷物がバックパック本体(袋部分)の形を変えることはなく、代わりにバックパック本体(袋部分)が荷物を理想的な形で収めるように作られており、メインフレームに沿って、幅と奥行きの比は2対1という平らな形に保たれます。そこから肩、腰、尻に関わるハーネスを含めた外装を形作ります。

一般的にはインターナルフレームシステムはバックパック全体の歪みによって機能を損ないがちですが、われわれはこの様な方法でメインフレームを独立的に機能させています。

これこそミステリーランチのバックパックが他社製品と大きく異なる点です。私たちは単にバックパックの自重を軽くしようとは考えません。むしろハーネスとフレームの荷物運搬性能と荷重の支え方を最適化することに注力しています。軽量化に熱心な人たちもいますが、私たちは空のバックパックの「重量」を数グラム軽くするよりも、実際に重い荷物を担いで長距離移動する時の快適性をはるかに重要視しています。担いだ時に23kgの様に感じる18kgのバックパックより、13kgの様に感じる18kgのバックパックの方がはるかに良いでしょう。

フィット感重視

スライド式のヨーク(ショルダーハーネス)を上下に動かして背中の長さにぴったり合わせることができるのは、ミステリーランチ独自の特徴です。ヨーク(シュルダーハーネス)の付け根部分には、ねじれ方向に柔軟性のあるフレームシートアジャスターが格納されており、適切に調整されたヨークは背中上部から肩周りにしっかりとフィットします。これがミステリーランチ独自の特許技術です。スライド可能なヨーク(ショルダーハーネス)のデザインは、特許技術のランバーパッドと組み合わせて使うことで、どんな人のどんな目的にも対応できるバックパックを実現したのです。

アクティブなフレーム――私たちの改善策

ミステリーランチのメインフレームは垂直でまっすぐな作りで、極端なS字やC字のカーブを描いたような他社製のフレームよりも効率よく荷重を伝達します。アクティブブレースとしての機能を果たしつつ、ミステリーランチのバックパックは柔軟性も確保しています。ユーザーの体にフィットするかしないかわからないような、曖昧な作りでもありません。フレームに柔軟性を持たせることで、リフターストラップを引けば背中に面する部分を僅かなカーブさせられるよう作られています。私たちの学んだことは、荷重を背中全体に分散させる方が、荷重を肩と腰にだけに集中させるよりも望ましいということです。リフターストラップを適度に引き、フレーム上部に僅かなカーブを作りだすことで肩にかかる荷重が移動し、より均等に分散されるようになります。 + もっと読む

あなたがどのように動いても、荷物は常についてきます。たわみや隙間なく全体が動き、体の動きと連動する動的なシステムなのです。私たちのアクティブフレームは一部が曲がると、フレームの端がそれに抵抗します。ミステリーランチのフレームは重い荷物も変形しやすい荷物もしっかりとホールドするアクティブブレースとして機能します。

アクティブなサスペンションも特徴です。これは体の曲がる範囲と過不足なく同じだけ曲がるようにデザインされています。これは垂直に立てた二本のステーでフレームの剛性の核となる部分を作り出し、さらに張力機構をフレームの端にまで巡らせることで可能となりました。この綿密に設計されたフレームにより、歩く時の肩の動きにちょうど見合った柔軟性を確保できたのです。さらに他社製品ならパックを荷物で満載にしただけでサスペンション機能に抵抗がかかるのに対し、ミステリーランチのバックパックは曲がり具合が上限に近づいて初めて抵抗がかかる仕組みになっています。

ミステリーランチは(ことフレームの柔軟性と負荷時安定性にかけては)この上ない仕切り屋なのです。

目的を第一に考えるLOAD CARRIAGE™ソリューション ユーザーがどのように使うかを考えた製品設計

私たちは様々な荷物を安定して担げて、かつ、ダイナミックな身体の動きを阻害しないようなバックパックを設計しています。課題を解決する際に問うことがあります。エンドユーザーは誰か? 運ぶ荷物は何か? どんな環境・状況でどのように使うのか? そうした問いの答えを全て融合することで、使用目的に特化した、荷重分散性に優れ、運ぶ際の負担を可能な限り軽減するバックパックをデザインすることに挑戦し続けています。

FIRE
FIRE

FIRE

Mystery Ranch builds line gear for the never ending fire shift that rolls hot into the next burning period.

learn more >
MILIARY
MILIARY

MILITARY

Mystery Ranch builds line gear for the never ending fire shift that rolls hot into the next burning period.

learn more >
HUNTING
HUNTING

HUNTING

Mystery Ranch builds line gear for the never ending fire shift that rolls hot into the next burning period.

learn more >
MOUNTAIN
MOUNTAIN

MOUNTAIN

Mystery Ranch builds line gear for the never ending fire shift that rolls hot into the next burning period.

learn more >
FIREFIRE

A Fire Pack – aka Web Gear, aka Line Gear, called a PG Bag by Jumpers, aka The-Monkey-On-Your-Back, aka The-Only-Thing-You-Can-Call-Your-Own-For-The-Six-Plus-Ragged-Months-of-a-Hotshot's-Fire-Season, aka (and best described as) Home – is a highly unique species of Load Carrying Equipment. We sometimes think of it as a fanny pack on steroids: built to carry up to 55 lbs for 16, 32, sometimes 48 hours straight – on fire shifts where multiple sunrises and smoked sunsets start to blur and blend in the brain – shifts where this pack is always worn, while working, hiking, digging in the dirt, running chainsaw at ground level, picking up brush and slash, falling trees, swinging an axe, dragging a firing device, standing on a summit. Its low-slung lumbar design is an industry standard in place since at least the eighties, born of the ergonomics of a job where you're bent at the waist while remaining mobile, athletic, and alert. What MYSTERY RANCH brought to "web gear" caused a paradigm shift: the load-carriage of structure and framing; the comfort of fully adjustable, specifically-sized harnessing

MILITARYMILITARY

A key design challenge we face in our Military Line is integrating Load Carriage™ architecture in and around the unique contours of body armor. The convexity of the ceramic plate creates a pivot point allowing the pack to shift from side to side as the soldier moves. One of our solutions was to develop removable bolsters that affix to both sides of the body panel. These Bolsters help secure the pack onto the ceramic plate, stabilizing it throughout a full range of motions. The bolster acts like a shim to keep the pack from pivoting, helping preserve a soldier's energy.

FIREHUNTING

For hunters, the Load Carriage™ challenge arises when it's time to haul meat back to the trailhead. As avid backcountry hunters, ourselves, this is where we dreamt up the Guide Light Frame™. Our Guide Light Frame™ lets you remove the pack bag from the frame, revealing a sling and compression straps, with which to secure your harvest. This process is detailed in our Overload Shelf™ feature. The beauty of this system is that it allows for the heaviest part of the load - the meat - to be closest to your back. This is the ideal scenario when packing anything heavy or awkward, as it least affects your center of gravity, keeping you nimble in the terrain where we find big game.

FIREMOUNTAIN

Our Mountain Line reflects our deepest MYSTERY RANCH heritage as well as our latest offerings. This line has benefited hugely by drawing from our design experience and load carriage challenges we've faced in Military and Wildland fire. Our mountain line draws many features from the tried and true designs in these professional lines. Compression is key when packing a pack, therefore, the Mountain line features many compression features - both internal and external - as well as strategically placed zips for ease of access to the contents of the pack. Within this line, you'll also find harnessing specifically designed to fit a women's body. Though we already offer three yoke sizes and can fit a vast range of body shapes and sizes, the introduction of our women's specific yoke allows us to provide further customization from which we've built our reputation.

部材について

ミステリーランチのバックパックが「部材の集合以上のもの」なのは確かですが、使用している部材は十分にフィールドテストがなされた最上級のばかりです。これ以上言うことはありません。一切の手抜き、妥協はありません。製造ラインやモデル毎に異なる部材がありますが、厳密な製品デザインのために緻密な方法を採用しているのでご安心ください。戦線でも、急峻な斜面でも、燃え盛る火災現場でも、また深い山の中であろうとも・・・ミステリーランチの部材一つひとつも目的達成のために存在します。

Cordura<sup>®</sup> Fabrics

Cordura® Fabrics

Proven performance in some of the world's toughest environments.

Top of the line.

YKK<sup>®</sup> Zippers

YKK® Zippers

The world's foremost zipper manufacturer.

YKK® delivers the best reliability we've ever seen - year after year, after year.

Molded Hardware

Molded Hardware

Precision-engineered components.

We use the heaviest duty buckle suite we can get.

Compression Straps & Webbing

Compression Straps & Webbing

Auto locks on compression straps and textured webbing in critical areas eliminate slip.

Adjust once and be done.

Densified Foam

Densified Foam

Heat x vibration = Densified urethane foam.

The foam that never dies.

Frames

Frames

Fiberglass, Carbon fiber, Aluminum, HDPE.

Our frame materials are tougher than we are.

Water Repellency

Water Repellency

TEFLON® C6 - innovative, durable repellency.

Thread

Thread

6,6 Nylon - Exemplary strength & toughness.

6,6 is twice as sixy as 6 - (which is most commonly used).

OUR PACKS IN ACTION

title1

title1

title2

title2

title3

title3

title4

title4

title5

title5

title6

title6

title7

title7

title8

title8

title9

title9

GUARANTEED FOR LIFE

We guarantee everything we build against defects in manufacturing and material for the practical lifetime of the product. We will happily offer repair or replacement for issues with materials or craftsmanship. Damage due to wear and tear or misuse will be repaired for a reasonable charge.